顔の赤みが乾燥でカサカサになった方は、セラミド不足を起こしていたり、ラメラ構造が崩れかかったりしてバリアが正常に働いていません。

この状態を脱却して健康肌をGETするためには、セラミドの補給&ラメラ構造の再構築が大切です。

そこで、顔の赤みが乾燥でカサカサになった肌を正常な状態に戻すお手入れ方法についてお話します。


<目次>
・顔の赤みが乾燥でカサカサになった時のお手入れ方法!

・バリア機能を高める成分とは?

・顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

乾燥で顔の赤みがヒリヒリするメカニズムとは!

乾燥した肌は、皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすい状態にあります。

そのため、皮膚の表面から内部に侵入した異物が、皮膚の奥まで侵入しやすくなります。

皮膚は、ターンオーバーを早めることで細胞分裂を促し、異物を押し出そうとしますが、このとき、細胞の準備が充分に整わないままターンオーバーのサイクルだけが加速してしまいます。

すると、皮膚の表面には大きさや形が揃っていない細胞が並んでしまい、キメが荒くカサカサと乾燥した肌が次から次へと生成されるため、なかなか肌の状態が改善されません。

 

顔の赤みが乾燥でカサカサになった時は、バリア機能を高め、ターンオーバーの正常化することが大切です。

では、どんなお手入れをすれば、バリア機能を高め、ターンオーバーの正常化するのでしょうか?

 

ターンオーバーを阻害する要因として、睡眠不足、血行不良、ストレス、栄養不足など生活習慣か上げられます。

ターンオーバーを正常化するためには、日頃からしっかりと睡眠をとり、ビタミンなど肌の成長を助ける栄養を充分にとることが大切です。

また、新陳代謝を高めるために適度な運動を取り入れるのも効果的です。

スキンケアの見直しも行なってもいいでしょう。

スキンケアの見直しでは、バリア機能を高める成分配合のものを選びましょう。

 

では、バリア機能を高める成分ってどういったものでしょう?

次の項で、バリア機能を高める成分についてお話します。

バリア機能を高める成分とは?

バリア機能を高める成分は、セラミドなどの細胞間脂質やヒアルロン酸などです。

なぜ、セラミドとヒアルロン酸がバリア機能を高めるのでしょう。

 

まずセラミドは、保湿機能の改善や、肌から水分が蒸発するのを防止したり、外部からの刺激や細菌の進入を防ぐ働きがあります。

またセラミドは、乾燥肌などの肌トラブルを防ぎ、みずみずしいうるおいのある健康な肌を保ちます。

 

では、ヒアルロン酸はどうでしょう。

ヒアルロン酸は、特に水分を保持する保水力にすぐれた物質で、非常にたくさんの水を蓄えると言われています。

また、細胞と細胞との間に多く存在しており、水分の保水力保持やクッションのような役割で細胞を守っているのです。

ですから、バリア機能を高める成分セラミド、特にヒト型セラミドを採用したものと、ヒアルロン酸が配合されている化粧品を選ぶことが、バリア機能を高めます。

では次の項で、顔の赤みを消す!おすすめの化粧水についてお話します。

 

顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

顔の赤みを消す、有効な化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

 

「白漢しろ彩」独自の技術である多層浸透型バリアテクノロジーによって、保湿成分が角質層の深くまで浸透します。

 

皮膚科で治療を行っても改善されなかった顔の赤みが、この「白漢しろ彩」で改善の兆しが見えたという方もおられるようです。

 

また、「白漢しろ彩」は乾燥を防ぐだけでなく、顔の赤みの原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。

 

「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

 

もっと詳しく「白漢しろ彩」について知りたいなら!

こちら→「顔の赤みを消す化粧水【なぜ「しろ彩」が選ばれるのか?】」





このページの先頭へ