肌荒れを起こすと顔の皮膚科赤くなり、カサカサしたり、ヒリヒリしたりしてお手入れが大変です。

その顔の赤みはどうして起こるんでしょうか?

顔の赤みができるメカニズムを知り、改善策を見つけることが、もっとも早い解決に繋がります。

そこで、乾燥で顔の赤みがヒリヒリするメカニズムと解決策についてお話します。


<目次>
・乾燥で顔の赤みがヒリヒリするメカニズムとは!

・乾燥で顔の赤みがヒリヒリする解決策は!

・乾燥で顔の赤みがヒリヒリを改善する保湿化粧水とは!

 

乾燥で顔の赤みがヒリヒリするメカニズムとは!

ほとんどの方の場合は空気の乾燥により肌荒れが原因で、肌がかゆくなったり、ひび割れたり、赤くなったりします。

また、皮膚の乾燥が進むと乾皮症になり、それがやがて乾燥性皮膚炎になることも…。

 

皮膚の表面には角質層があり、さらにその上は皮脂膜で覆われています。

角質層は水分や、天然の保湿成分を含み、肌に潤いを与えてくれます。

皮脂膜は皮脂と水分からできた保湿クリームのようなもので、角質層から水分が蒸発しないようバリアの働きをしているのです。

しかし肌が乾燥してくると、角質層の水分が不足してきて、皮膚は柔軟性を失い、ひび割れしたり、皮がむけたり、赤くなったりします。これが乾皮症の症状です。

乾皮症が進行すると、強いかゆみや赤み、水ぶくれなどの湿疹を併発する、乾燥性皮膚炎になる場合があります。

乾燥から肌を守るには、角質層のバリア機能を高めることが一番です。

次に項で、角質層のバリア機能を高める方法についてお話します。

角質層のバリア機能を高める方法とは?

乾燥で、顔の赤みがヒリヒリを解決するには、角質層のバリア機能を高めることが一番です。

では、どうすれば角質層のバリア機能を高められるのかについてお話します。

バリア機能は1つだけではありません。

1次バリアの皮脂膜と2次バリアの角層に分かれています。

皮脂膜は皮膚の表面をラップみたいに覆って、水分が蒸発しないように保護しています。

それに対して2層目のバリアである角層は、もっと強固で、角質細胞の隙間を細胞間脂質が埋めて、異物が入ってきたり、水分が逃げたりしないようにスクラムを組んで守っているこれをラメラ構造と呼びます。

ラメラ構造のバリアを構成している細胞間脂質のうち、40%はセラミドで、その他にNMF(天然保湿因子)なども含まれています。

 

乾燥で顔の赤みがヒリヒリする方は、このバリア機能が弱っています。

ですから、このバリア機能を高めることがポイントとなります。

 

ではどうすれば…。

 

バリアの回復を促す成分が入った製品や治療薬を用いるなどして外部刺激への抵抗力を高めることが大切です。

バリア機能を高める成分といえば、保湿効果にあるセラミドです。

 

セラミドは、自身の肌に存在する成分で、肌の角質細胞の間を埋める「細胞間脂質」の50%を占めるのがセラミドです。

セラミドは水分保持機能を持ち、外部刺激からのバリア機能をサポートしてくれるおです。

 

次の項で、顔の赤みを消す!おすすめの化粧水についてお話します。

顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

顔の赤みを消す、有効な化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

 

「白漢しろ彩」独自の技術である多層浸透型バリアテクノロジーによって、保湿成分が角質層の深くまで浸透します。

 

皮膚科で治療を行っても改善されなかった顔の赤みが、この「白漢しろ彩」で改善の兆しが見えたという方もおられるようです。

 

また、「白漢しろ彩」は乾燥を防ぐだけでなく、顔の赤みの原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。

 

「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

 

もっと詳しく「白漢しろ彩」について知りたいなら!

こちら→「顔の赤みを消す化粧水【なぜ「しろ彩」が選ばれるのか?】」





このページの先頭へ