特に敏感肌の方に多いようですが、いくら良い化粧品を使ってスキンケアをしても、顔の赤みが消えず、さらに酷くなり、ヒリヒリやかゆみに襲われる人がいるよです。

敏感肌には明確な定義はありませんが、肌の感受性が高まっている肌の状態をさし、バリア機能の低下で肌のトラブルになりやすい状態をいいます。

では、敏感肌の顔の赤みはスキンケアでは消せないのか?

そこで、敏感肌の方の顔の赤みはスキンケアでは消せないのかについて検証してみました。


<目次>
・敏感肌の顔の赤みはスキンケアでは消せないって本当?

・敏感肌の顔の赤みがどうしても消えない時は!

・顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

敏感肌の顔の赤みはスキンケアでは消せないって本当?

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下しているため、少しの刺激にも反応してしまう肌状態のことです。

バリア機能を整えることで、症状を和らげることが可能です。

 

では、顔の赤みはスキンケアでは消せるでしょうか?

 

ご存知かと思いますが、顔の赤みの原因はいろいろあります。

ですから、スキンケアで消せるものもあれば、無理なものもあります。

一概に、敏感肌の顔の赤みはスキンケアでは消えないのです。

 

ではどうすればいいのでしょう?

 

基本的なスキンケアをすることが、顔の赤みを消す近道です。

・固形石鹸か敏感肌用フォームを使う
・クレンジングを手早く終わらせる
・38度のぬるま湯でやさしく洗う
・化粧水・保湿クリームでしっかり保湿する

まず低刺激な洗顔をすることが大切です。

お湯は38度前後で、やさしく固形石鹸で洗いましょう。

また、メイク落としやクレンジングは肌に長くつけておけばおくほど刺激になりますで、手早く落とすことが大切です。

洗い終えたら化粧水だけでなく、保湿クリームも使うとより効果が期待できます。

しかし、どうしても敏感肌の顔の赤みが消えないという人いるでしょう。

では次の項で、敏感肌の顔の赤みがどうしても消えない時の処置についてお話します。

敏感肌の顔の赤みがどうしても消えない時は!

敏感肌の顔の赤みがどうしても消えない時は、美容整形外科で治療することをおすすめします。

人によっては、いくらスキンケアを施しても、肌が真っ赤なまま改善されず悩んでいる人もいます。

スキンケア以外にも、顔の赤みの原因となる、食生活や生活習慣の改善をしても、効果がでない重症の場合もあります。

そんな時は、美容皮膚科でのレーザー治療することをおすすめします。

治療補は、レーザーを使って血管の赤さのもとてあるヘモグロビンの色素を脱色したり、浮き出てきた毛細血管を破壊して顔の赤みを治療します。

おすすめの美容皮膚科はこちら→池袋サンシャイン美容外科

 

特に治療法がまだ確立されていない酒さのひとは、レーザー治療がかなり効果的です。

 

しかし、何とかスキンケアで顔の赤みを消したいという方もあられるでしょう。

そんな方におすすめしたい化粧水があります。

次の項で、顔の赤みを消す!おすすめの化粧水を紹介します。

顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

顔の赤みを消す、有効な化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

 

「白漢しろ彩」独自の技術である多層浸透型バリアテクノロジーによって、保湿成分が角質層の深くまで浸透します。

 

皮膚科で治療を行っても改善されなかった顔の赤みが、この「白漢しろ彩」で改善の兆しが見えたという方もおられるようです。

 

また、「白漢しろ彩」は乾燥を防ぐだけでなく、顔の赤みの原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。

 

「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

 

もっと詳しく「白漢しろ彩」について知りたいなら!

こちら→「顔の赤みを消す化粧水【なぜ「しろ彩」が選ばれるのか?】」





このページの先頭へ