敏感肌の人は、常に肌が敏感で、肌荒れを起こしやすい人もいれば、生理前などの変化によって、肌が敏感になる人もいます。

 

肌が敏感なときは、特に顔の赤みが目立ちやすくなるのです。

 

ですから、敏感肌の顔の赤みは、肌荒れのサインともいえます。

 

そこで、顔の赤みがでたときの対処法についてお話します。


<目次>
・敏感肌の顔の赤みがでた時の対処法とは?

・敏感肌の肌荒れを防ぐターンオーバーの正常化とは?

・顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

敏感肌の顔の赤みがでた時の対処法とは?

敏感肌になると、血流量が増え赤みの原因になります。

肌のバリア機能が低下すると、肌が炎症を起します。

すると、皮膚は急いでこの炎症を治すために、毛細血管を拡張して活発な状態になるのです。

この状態を放っておくと、肌の炎症がひどくなり、肌荒れをおこしてしまうのです。

対処法としては、肌のバリア機能の強化です。

 

要するに、肌に充分な保湿を補うことが大切なのです。

 

対処法は、保湿効果に有効成分セラミドとヒアルロン酸がたっぷり配合された化粧水でお手入れしましょう。

 

もし、痒みや熱を伴っているときは、冷たいタオルで冷やしましょう。

肌を冷やすといきは、タオルを冷水で濡らして、直接患部に当てます。

 

やってはいけないのが、保冷剤や氷などで急激に冷やすことです。

 

急激に患部を冷やすと、新陳代謝が低下し、炎症が治りにくくなるので気をつけましょう。

 

敏感肌の肌荒れを防ぐには、ターンオーバーの正常化が解決への重要なカギを握っています。

次の項で、ターンオーバーの正常化についてお話します。

角層のバリア機能が低下して乾燥肌になる原因とは?

お肌のターンオーバーとは、表皮の新陳代謝です。

つまり、お肌の生まれ変わりのことです。

そして、このはたらきは、お肌の潤いや美肌のためにはとても大切です。

 

ターンオーバーが正常なお肌は、同時にバリア機能も整ってるので、お肌は潤いが十分で健やかなのです。

 

では、ターンオーバーが正常なお肌にするにはどうすればいいのでしょか?

 

生活習慣の見直しや、睡眠、食生活といった、日常生活の改善は必要ですが、即効性を考えるなら、スキンケアでターンオーバーを整えることです。

基本は、「清潔を保つ正しい洗顔・クレンジング」、「保湿」、「紫外線対策」の3つです。

・洗顔方法についてはこちら→赤ら顔の顔の赤みを治す洗顔方法

 

・紫外線対策は当り前のことですが、日焼け止めは忘れないこと、衣服や日傘、サングラスなども利用して紫外線対策を行うことです。

 

最後の保湿ですが、前項でもお話していますが、保湿効果に有効成分セラミドとヒアルロン酸がたっぷり配合された化粧水を使用することです。

 

次の項で、顔の赤みを消す!おすすめの化粧水を紹介します。

顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

顔の赤みを消す、有効な化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

 

「白漢しろ彩」独自の技術である多層浸透型バリアテクノロジーによって、保湿成分が角質層の深くまで浸透します。

 

皮膚科で治療を行っても改善されなかった顔の赤みが、この「白漢しろ彩」で改善の兆しが見えたという方もおられるようです。

 

また、「白漢しろ彩」は乾燥を防ぐだけでなく、顔の赤みの原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。

 

「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

 

もっと詳しく「白漢しろ彩」について知りたいなら!

こちら→「顔の赤みを消す化粧水【なぜ「しろ彩」が選ばれるのか?】」





このページの先頭へ