敏感肌の顔の赤みで、かゆみのを伴う場合は、乾燥肌になっていることが原因です。

単にお肌が乾燥しているだけじゃなく、肌荒れの状態になったいます。

この肌荒れの状態が、赤みやかゆみ、カサカサになるのです。

では、どんなお手入れをすればいいのでしょうか?

そこで、敏感肌の顔の赤みのかゆみを治すお手入れについてお話します。


<目次>
・敏感肌の顔の赤みのかゆみを治すお手入れ方法とは?

・角層のバリア機能が低下して乾燥肌になる原因とは?

・顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

敏感肌の顔の赤みのかゆみを治すお手入れ方法とは?

敏感肌の顔の赤みからくるかゆみは、大半が乾燥肌が原因です。

乾燥肌の原因は、角質層のバリアの機能の低下です。

 

角質層は「角層細胞」と「角層細胞間脂質」でできています。

角層細胞がレンガのように積み重なって層になっていて、その周りを角層細胞間脂質が取り囲んでつないでいる状態になっています。

 

バリア機能と水分保持機能がうまく働くことで、正常な肌が保たれすのです。

しかし、角層細胞間脂質が減少すると、角層細胞の間に隙間ができてしまい、バリア機能が低下して外からの刺激を防ぐことができなくなり、水分保持機能が低下してしまうのです。

ですから、乾燥肌を防ぐには、保湿成分であるセラミドを補給することが大切のなるのです。

 

では、角層のバリア機能が低下して乾燥肌になる原因はなんでしょう。

次の項で、お話します。

角層のバリア機能が低下して乾燥肌になる原因とは?

角層のバリア機能が低下する要因はいくつかあります。

まずは生活習慣の乱れです。

ストレス、睡眠不足、喫煙、栄養バランスの悪い食事など、健康に悪影響を与える要因によって、正常な「角層細胞」が作り出されなくなります。

 

次に、季節や環境の要因です。

季節やオフィスなどの空調環境による温度や湿度も、乾燥肌、肌荒れの原因になります。

 

3つ目が接触皮膚炎、いわゆるかぶれです。

原因物質が肌に接触することによって、かゆみや湿疹が生じます。

4つ目が菲薄化です。

菲薄化は、皮膚が薄くなることで、かゆくなります。

菲薄化の主な原因は「加齢」です。加齢によって女性ホルモンが減少するからです。

 

顔ダニや顔カビも肌のかゆみの原因です。

 

最後に、多くの人が原因となっているのが、間違ったスキンケアです。

誤った洗顔法をしていたり、使ったいる保湿化粧品が合っていなかったり、ついついおろそかにしてしまうお手入れが原因で、角層のバリア機能が低下しているのです。

 

洗顔は、泡立ちの良い洗顔料を使って、肌をこすらないで、泡を肌になじませるようにしましょう。

ぬるま湯で、洗顔料を洗い流して、タオルで肌を軽く押さえるようにして水分を拭き取ってください。

洗顔後、保湿成分がたっぷり配合された化粧水で、肌に潤いを与えましょう。

 

保湿成分配合の化粧水でおすすめなのが「ウルウ」化粧水です。

次の項で、顔の赤みを消す!おすすめの化粧水についてお話します。

顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

顔の赤みを消す、有効な化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

 

「白漢しろ彩」独自の技術である多層浸透型バリアテクノロジーによって、保湿成分が角質層の深くまで浸透します。

 

皮膚科で治療を行っても改善されなかった顔の赤みが、この「白漢しろ彩」で改善の兆しが見えたという方もおられるようです。

 

また、「白漢しろ彩」は乾燥を防ぐだけでなく、顔の赤みの原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。

 

「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

 

もっと詳しく「白漢しろ彩」について知りたいなら!

こちら→「顔の赤みを消す化粧水【なぜ「しろ彩」が選ばれるのか?】」





このページの先頭へ