赤ら顔の顔の赤みを消す化粧品といえば、メイクとスキンケア両方ありますが、あなたはどちらに興味がありますか?

メイクだと、いかに上手く隠すか!スキンケアなら、いかに赤みを消すか!

一番良いのは、スキンケアで肌を改善していきながら、改善するまではメイクで隠すやり方ですね。

そこで、赤ら顔の顔の赤みを消す化粧品、メイクやスキンケアについてお話します。


<目次>

・赤ら顔の顔の赤みをメイクで隠す方法とは?

・赤ら顔の顔の赤みをスキンケアで改善する方法とは?

・顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

赤ら顔の顔の赤みをメイクで隠す方法とは?

赤ら顔の赤みをカバーする重要なコスメは、コントロールカラーとコンシーラです。

ポイントは、赤ら顔をカバーする下地の色です。

よく下地の代わりにコントロールカラーを塗って赤みを消そうとしている方がいますが、下地を塗ってからコントロールカラーを使った方が確実に顔の赤みは目立たなくなります。

その時に、下地の色をコントロールカラーに合わすことです。

赤みを消してくれる色は、「黄色」か「緑」ですね。

まずは自分の肌に合わしてみてらか、自分に合う色を選びましょう。

 

手っ取り早く済ませたい人は、イエロー系の色のファンデ使うといいでしょう。

仕上げに青系フェイスパウダーをふんわりのせたら完璧です。

 

次に、部分的に赤みを消すのは、コンシーラを使います。

赤みに特化しているコンシーラがあるので、そちらを使うといいでしょう。

赤みが消えやすい色は、コントロールカラー同じで「黄色」か「緑」です。

 

※赤みに特化しているコンシーラはこちら→セラフォア カラーコンシーラー

では次に、赤ら顔の顔の赤みを改善するスキンケアについてお話します。

赤ら顔の顔の赤みをスキンケアで改善する方法とは?

では、赤ら顔の顔の赤みを改善するスキンケアについてお話します。

顔の赤みがある肌は、皮膚のバリア機能が低下しています。

できるだけ刺激を与えないようにすることが重要です。

ですから、刺激の少ない化粧品を選びましょう。

 

ます洗顔剤です。

低刺激の洗顔祭を使用し、しっかり泡立てて、こすらないように合わるのがコツです。

すすぎはぬるま湯で、洗顔剤が残らないように十分すすぎます。

この時も、肌をゴシゴシこすらないことです。

おススメに洗顔剤→薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)

 

次に保湿剤です。

赤ら顔は、皮膚のバリア機能が低下しているので、刺激物質がお肌の中に侵入しないようにすることが大切です。

また、皮脂の役割を補う成分コレステロールやスクワラン、天然保湿因子を補う成分アミノ酸、細胞間脂質を補う成分セラミドなどがあり、これらの保湿成分は、保湿化粧品で補うことができます。

ですから、刺激物質がない無添加、皮脂の役割を補う成分配合の化粧品を使用することで、皮膚のバリア機能を高めることができるのです。

 

では、赤ら顔におすすめの化粧品は何でしょう。

次の項で、顔の赤みを消す!おすすめの化粧水を紹介します。

顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

顔の赤みを消す、有効な化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

 

「白漢しろ彩」独自の技術である多層浸透型バリアテクノロジーによって、保湿成分が角質層の深くまで浸透します。

 

皮膚科で治療を行っても改善されなかった顔の赤みが、この「白漢しろ彩」で改善の兆しが見えたという方もおられるようです。

 

また、「白漢しろ彩」は乾燥を防ぐだけでなく、顔の赤みの原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。

 

「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

 

もっと詳しく「白漢しろ彩」について知りたいなら!

こちら→「顔の赤みを消す化粧水【なぜ「しろ彩」が選ばれるのか?】」





このページの先頭へ