顔の赤みが、毛穴を目立たせるって知ってましたか?

毛穴は、顔は体の中でも皮脂腺がもっとも多く、目立ちやすくなっています。

ですから、顔の赤みのある人は、肌の赤みが毛穴の凸凹を目立ちやすくするのです。

赤ら顔の人の、毛穴を目立たせなくする改善策はあるのでしょか?

そこで、顔の赤みが毛穴を目立たせない方法についてお話します。


<目次>

・赤ら顔の人の毛穴の赤みを目立たさせなくするには?

・赤ら顔を改善!肌のバリア機能を高める方法とは?!

・保湿と赤ら顔を改善する成分配合の化粧水を紹介します。

 

赤ら顔の人の毛穴の赤みを目立たさせなくするには?

まずは、顔の赤みの原因をつきとめることです。

毛穴の赤みが目立つ場合に考えられるのが、赤ニキビがです。

赤ニキビができる原因は、皮脂が過剰に分泌していることで、毛穴が開いた状態になっていいるからです。

赤く炎症を起こす赤ニキビが起こるのは、アクネ菌が原因です。

そのアクネ菌は、皮脂を栄養源にして繁殖します。

ですから、赤みとともに、毛穴も目立つ肌になりやすいです。

ニキビによる赤ら顔と毛穴の改善は、まずは発端である赤ニキビの炎症を抑えて、正常な毛穴の働きに戻し、新たにニキビができないように予防することが最善の方法です。

まず、洗顔剤を見直しましょう。

おススメの洗顔剤は→薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)」

 

次に考えられるのが、脂漏性皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎は、皮膚に常在する「マラセチア菌」という真菌が原因です。

普段は肌をバクテリアから守っているのですが、ある環境になると異常増殖して悪さをするようになります。

増殖していくと、炎症成分になる脂肪酸をたくさん排出されていくので、皮膚が強い炎症を起こすのです。

脂漏性皮膚炎の赤みと毛穴の開きを改善するには、皮膚科に行って本当に脂漏性皮膚炎かどうかを診断してもらうことが重要です。

脂漏性皮膚炎であれば、処方薬で改善します。

また、ビタミンB2、B6やビタミンC誘導体が配合された化粧水を使うと、ある程度改善されます。

ただし界面活性剤が入った化粧水は控えるようにしましょう。

しかし、多くの人が関係している赤ら顔の原因は、やはり、肌のバリア機能の低下です。

では次に、赤ら顔を改善する、肌のバリア機能を高める方法についお話します。

赤ら顔を改善!肌のバリア機能を高める方法とは?!

赤ら顔を改善するために、肌のバリア機能を高めるにはどうすればいいでしょか?

肌のバリア機能とは、肌表面にあるわずか0.02mmの角質層がうるおいを蓄え、乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。

 

肌のうるおいを保つためには、このバリア機能がすこやかに整っている必要があります。

「肌が乾燥し、外部刺激を受けやすい」ということは、このバリア機能が低下している証拠です。

 

では、どうすればバリア低下を防げるのか?

 

肌には、もともと存在している保湿成分があります。

この保湿成分が充分にある状態が理想的なバリア機能を保っている状態なのですが、

それを不足していないように補ってあげるこが大切です。

 

ですから、スキンケアによる保湿で、ターンオーバーを整え、バリア機能を高めることができるのです。

 

また、赤ら顔も併せて改善するには、顔の赤みを消す成分と保湿成分の両方が配合されている化粧水がおすすめです。

 

そんな化粧水ってあるの?

 

そこで、次の項で、顔の赤みを消す!おすすめの化粧水を紹介します。

顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

顔の赤みを消す、有効な化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

 

「白漢しろ彩」独自の技術である多層浸透型バリアテクノロジーによって、保湿成分が角質層の深くまで浸透します。

 

皮膚科で治療を行っても改善されなかった顔の赤みが、この「白漢しろ彩」で改善の兆しが見えたという方もおられるようです。

 

また、「白漢しろ彩」は乾燥を防ぐだけでなく、顔の赤みの原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。

 

「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

 

もっと詳しく「白漢しろ彩」について知りたいなら!

こちら→「顔の赤みを消す化粧水【なぜ「しろ彩」が選ばれるのか?】」





このページの先頭へ