赤ら顔の顔の赤みは、血管の拡張や乾燥、肌の炎症によるものが多く、また、洗顔時の肌の刺激が、顔の赤みを悪化させる原因にもなります。

毎日の基本的であるスキンケアのやり方が間違ていれば、赤ら顔はなかなか改善しません。

洗顔フォームはどうなのか、洗顔は正しくできているか?

そこで、赤ら顔の顔の赤みを治す洗顔方法についてお話します。


<目次>

・赤ら顔の顔の赤みを治す洗顔フォームの選び方

・赤ら顔の顔の赤みを治す正しい洗顔のやり方!

・顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

赤ら顔の顔の赤みを治す洗顔フォームの選び方

最近、洗わないスキンケアというのが販売されていて、朝は水ですすぐだけ、夜はクレンジング料で拭き取るだけといった人も増えてきているようです。

しかし、肌に残った油分が肌荒れや炎症の原因になります。

 

ですから、毎朝晩洗うのは、石けんで洗うのが基本なんです。

 

できるだけ、古い角質や皮質、汗、ほこりなどは、石けんで落とすようにしましょう。

おススメの石鹸は→くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』

では、どのような洗い方がよいでしょうか?

次の項で説明します。

赤ら顔の顔の赤みを治す正しい洗顔のやり方!

では、赤ら顔の顔の赤みを治す正しい洗顔のやり方を説明しましょう。

ポイントは泡です。

洗顔料は、肌にのせるだけで、汚れを浮き上がらせてくれます。

洗顔料を顔全体に、肌をこすらず、にじませていきましょう。

洗顔料を泡立てた後、その泡を、指と顔の皮膚の間のクッションにした状態で洗っていきます。

 

まず最初に、顔のなかでも皮膚が強い、額を含むTゾーンから、泡をのせてなじませていきます。

 

つぎに、頬どUゾーンに泡をのせてなじませ、最後にもっとも皮膚が弱い、目もとと口もとに泡をのせて、やさしくなじませます。

すすぎは、ぬるま湯を使って、丁寧に洗い流します。

すすぐときに、肌に油が残っているかどうかは、指のすべりで確認してください。

鏡で顔に泡が残っていないか確認したあと、タオルで肌を軽く押さえるように水気をとります。


【洗顔の方法】

・手を洗ったあと、顔をぬるま湯で少し濡らしておきます。

 

・洗顔料をよ<泡立てます。手で上手に泡立てることができないときは、泡立て用のスポンジやネットを使うと、簡単に泡を立てることができます。

 

・額、鼻にかけてのTソーンに泡をのせて、軽く汚れとなじませます。

 

・つぎに、頬どUゾーンに泡をのせて、軽く汚れをなじませます。最後に目もとや口もとに泡をのせて、軽く汚れ
をなじませます。

 

・ぬるま湯を使って、手早く洗い流します。

 

・タオルで肌を軽く押さえるようにして、水を吸いとらせます。

 

洗顔をして水分を拭き取ったら、すぐに化粧水などで保湿します。

赤ら顔の場合は肌が敏感になっているので、保湿のタイミングに気を使いましょう。

 

また、赤ら顔の顔の赤みを治すには、赤ら顔専用の化粧水を使うとよいでしょう。

 

次の項で、顔の赤みを消す!おすすめの化粧水を紹介します。

顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

顔の赤みを消す、有効な化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

 

「白漢しろ彩」独自の技術である多層浸透型バリアテクノロジーによって、保湿成分が角質層の深くまで浸透します。

 

皮膚科で治療を行っても改善されなかった顔の赤みが、この「白漢しろ彩」で改善の兆しが見えたという方もおられるようです。

 

また、「白漢しろ彩」は乾燥を防ぐだけでなく、顔の赤みの原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。

 

「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

 

もっと詳しく「白漢しろ彩」について知りたいなら!

こちら→「顔の赤みを消す化粧水【なぜ「しろ彩」が選ばれるのか?】」





このページの先頭へ