ニキビが治ったのに、赤みが残ってなかなか引かなくて悩んでいる方も多いでしょう。

しかし、その赤みは自然と引いて消えていきます。

 

なるべく早く治したいという方は、赤みを抑えるビタミンC配合のローションやクリームなどをたっぷり塗るといいそうです。

 

そこで、ニキビ肌の顔の赤みを消す、化粧水についてお話します。

 

<目次>
・ニキビ肌の顔の赤みを消す!おすすめの化粧水とは?

・ニキビ肌の顔の赤みを早く消すためのケアとは?

・ニキビ肌の顔の赤みを消すメイク法!

ニキビ肌の顔の赤みを消す!おすすめの化粧水とは?

ニキビ肌の顔の赤みを消すおすすめの化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

「白漢しろ彩」は、抗アクネ効果や美白効果に優れた成分である、高浸透型ビタミンC誘導体も含まれており、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンの3つの保湿成分でバリア機能アップします。

 

また、赤みにアプローチする4つの和漢エキス(ショウガ根茎エキス・甘草(カンゾウ)・茯苓(ブクリョウ)・川芎(センキュー))贅沢に配合されており、世界的独自技術「多層浸透型バリアテクノロジー」により肌にグングン浸透します。

 

皮膚科で治療を行っても改善されなかった顔の赤みが、この「白漢しろ彩」で改善の兆しが見えたという方もおられるようです。

 

「白漢しろ彩」は乾燥を防ぐだけでなく、顔の赤みの原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。

 

「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

もっと詳しく「白漢しろ彩」について知りたいなら!

こちら→「顔の赤みを消す化粧水【なぜ「しろ彩」が選ばれるのか?】」

 

では次の項で、ニキビ肌の顔の赤みを早く消すためのケアについてお話します。

ニキビ肌の顔の赤みを早く消すためのケアとは?

大切なのは、紫外線対策をしっかりおこなうことです。

紫外線を浴びることで、肌の炎症を招く原因となり、ニキビ肌の顔の赤みを悪化させます。

ですから、紫外線対策に気を配りましょう。

 

日頃のケアは、ビタミンCが入ったローションなどを塗るのがおすすめです。

また、ピーリングでターンオーバーを促進するのもいいでしょう。

 

しかし、バリア機能が下がっている場合は要注意です。

ニキビ肌の顔の赤みを早く消すには、肌のターンオーバーを高め、バリア機能を高めるためにしっかり保湿することが大切です。

 

また、日常生活では、適度な運動をする、十分な睡眠を取る、高糖質・高脂質食を控える、ストレス発散など心がけましょう。

 

では次の項では、ニキビ肌の顔の赤みを消すメイク法についてお話します。

ニキビ肌の顔の赤みを消すメイク法!

 

【顔の赤みを消すメイクの手順として】

・化粧下地

・コントロールカラー

・コンシーラー

・ファンデーション

 

【顔の赤みを消すメイク法】

■化粧下地
・日焼けによる肌への刺激が余計に赤みを増す原因になるので、日焼け止め効果のある化粧下地を使いましょう。

■コントロールカラー
・赤みをカバーするには、カラーコントロールのUV下地を使うのがベストです。もちろんグリーンとイエローベージュのカラーコントロール下地があるので、自分の肌色に合わせて選択しましょう。

■コンシーラー
・気になるシミやそばかす、クマまでも消してくれる救世主のコンシーラーは、赤みも消してくれます。赤みをカバーするグリーンやイエローベージュのコントロールカラーのコンシーラーを使いましょう。

■ファンデーション
ファンデーションは、パウダー、リキッド、クリームがありますが、肌の赤みをカバーするにはリキッドファンデーションやクリームファンデーションなどのしっとりとしたタイプがおすすめです。

 





このページの先頭へ