顔の赤みを消すには、市販で売られている化粧水で大丈夫でしょうか?

答えはYesです。

赤みの症状にもよりますが、多少の顔の赤みであれば、市販化粧水で十分対応できます。

 

それでは、市販で売られている、顔の赤みを消す最強の化粧水を紹介します。

 

<目次>
・顔の赤みを消す!市販で売られている最強の化粧水とは?

・顔の赤みを消す【皮膚科にいくタイミングとは?】

・顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

顔の赤みを消す!市販で売られている最強の化粧水とは?

顔の赤みを消す、市販で売られている最強の化粧水はどれでしょうか?

おすすめは、花王の「キュレル ジェルローション」です。

 

「キュレル ジェルローション」は、肌の必須成分「セラミド」の働きを守り補い、潤いを与える「セラミドケア」の商品です。

肌を守るバリア機能を助けて、外部刺激で肌荒れしにくい健やかな肌に保ちます。

のびが良く、ベタつかない全身用乳液です。

容量は220mlで、価格:1,404円(税抜)となっています。

また、ハトムギ化粧水 スキンコンディショナーや、セラコラ しっとり化粧水も、顔の赤みを消す、市販で売られているおすすめの化粧水です。

 

上記、市販で売られている顔の赤みを消す、保湿成分を備えた化粧水は、ドラッグストアで買えますが、「赤ら顔専用」の化粧水は残念ながらドラッグストア等の市販では買うことができません。

 

顔の赤みの度合いや、どのくらいの期間で症状が続いているのかにもよりますが、本気で赤ら顔を治したい場合なら、赤ら顔専用の化粧水をおすすめします。

 

【ドラッグストアで買えないおすすめ化粧水】

白漢 しろ彩
乾燥肌や敏感肌、皮脂などによる頬・鼻・あごの赤みをケアする化粧水です。特徴として、赤みへの効果の実証試験、大学病院皮膚科にてお肌への安全性を臨床試験しています。さらに、化粧水自体をラメラ構造という世界特許済みの技術で製造しているため、浸透力、保湿力も非常に高い特徴があります。



 

公式サイトでは、ずーっとお得な定期コースを用意しています。 詳しくはこちら>>

 

「赤ら顔専用」の化粧水でも改善がない場合は、皮膚科にいくことをおすすめします。

では次の項で、顔の赤みで皮膚科にいくタイミングについてお話します。

顔の赤みを消す【皮膚科にいくタイミングとは?】

顔の赤みが原因で皮膚科にいくなら、どんなタイミングで行けばいいのでしょうか?

特に、タイミングというのは無く、自分が顔の赤みに我慢できない時が、皮膚科に行くタイミングかと思います。

 

日常のお肌にお手入れや化粧で、ある程度、顔の赤みを隠すことはできます。

 

しかし、毛細血管が肌から透けて見える赤みや、肌の炎症による赤みで、どうしても化粧品で改善できないなら、皮膚科で診察を受けるといいでしょう。

 

治療方法として、最初は、抗生物質の内服や漢方薬の内服で診療します。

効果が見受けられない時は、保険外診療ですが、レーザー治療などもおこなわれます。

レーザー治療の場合だと、1回20,000円(税別)程度かかります。

6回程度の治療となるので、概算として、約100,000円程度の費用がかかってきます。

 

まずは、市販で売られている化粧水でケアして、改善できなければ、「赤ら顔専用」の化粧水を試してみてください。

 

次の項で、顔の赤みを消す!おすすめの化粧水についてお話します。

顔の赤みを消す!おすすめの化粧水

 

顔の赤みを消す、有効な化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

 

「白漢しろ彩」独自の技術である多層浸透型バリアテクノロジーによって、保湿成分が角質層の深くまで浸透します。

 

皮膚科で治療を行っても改善されなかった顔の赤みが、この「白漢しろ彩」で改善の兆しが見えたという方もおられるようです。

 

また、「白漢しろ彩」は乾燥を防ぐだけでなく、顔の赤みの原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。

 

「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

 

もっと詳しく「白漢しろ彩」について知りたいなら!

こちら→「顔の赤みを消す化粧水【なぜ「しろ彩」が選ばれるのか?】」





このページの先頭へ